625(ムジコ)タクシー

公開日:2023/10/12 最終更新日:2023/10/26
625(ムジコ)タクシー

625(ムジコ)タクシーは、大阪府大阪市生野区に本社をおく株式会社エムティーが展開する一事業です。ここでは625(ムジコ)タクシーが大阪エリア最高賃を誇ること、免許取得からしっかりサポートしていること、タクシードライバーに必要な研修を定期的に実施していることについて解説します。

大阪エリア最高賃を誇る

625(ムジコ)タクシーは、昭和24年に設立された大生交通が元になっており、長い歴史を持ちます。地域に密着した事業を展開し、営業所は大阪市、吹田市、横浜市にあります。

タクシー業界は、常に激しい集客競争、価格競争に晒されているのは周知の通りですが、625タクシーは、大阪エリア最高賃を誇る会社として安定した経営を続けており、安心して働けるでしょう。

タクシー乗務員の給料は、わずかな基本給と歩合で成り立っていることがほとんどで、非常に不安定な仕事です。「頑張れば頑張るだけ給料が上がる」「頑張りがそのまま評価に反映される」といえば聞こえは良いですが、歩合部分の取り分はタクシー会社によって大きく差があるのが現状なため、必ずしも「割りの良い仕事」ではありません。

625タクシーはこの歩合の部分が50%から90%となっており業界内でも高めの数値です。一般的なタクシー乗務員の歩合は50%から60%となっているので、625タクシーの会社として「従業員に利益を還元しよう」という企業姿勢が見て取れます。

また、給料の保証制度もあり、半年の間、月給24万円が保証され仕事に慣れるまで金銭的な不安を解消できるように努めており、従業員をサポートする体制が整えられています。

免許取得からしっかりサポート

タクシー乗務員は二種免許がなければ務まりません。「運転が好きで車を運転する仕事がしたい」「自分のよく知る街を拠点に仕事がしたい」「土地勘を仕事に生かしたい」といった方は多くいるでしょう。

しかし、二種免許の取得にはマニュアル車、オートマ車で多少の違いはあるものの、25万円から40万円のお金がかかり、新しいフィールドで働くことを躊躇わせるに十分な障害になっています。

また、二種免許は最低でも学科で19時間、技術で21時間の講習の受講が義務付けられており、早くても10日ほどの時間を取られます。それゆえ、特に異業種からの転職や仕事をしながらの取得はハードルが高いといえるでしょう。

このため625タクシーは、会社の若返り、活性化を目的に多くの方に事業参加してもらうことに取り組んでいます。その具体策として未経験者の積極採用、二種免許取得にかかる費用の全額負担を実施しています

免許の取得は大阪みなとドライビングスクールと連携して講習を受けられるほか、乗務後も不安や疑問があればいつでもトレーニングを受けられる体制を整えています。

タクシー業界に限らず、あらゆる業界で人手不足が叫ばれていますが、まだまだタクシー業界では「二種免許にかかる費用は自己負担」という会社が多く、あらゆる経費支出を渋る会社が多いのも事実です。

優秀な人材を確保し、長期的な利益の確保を考える625タクシーの姿勢が表れているといえるでしょう。

タクシードライバーに必要な研修を定期的に実施

顧客がタクシーに求めるものは、それぞれですが、多くは価格と乗務員の質と言われています。タクシードライバーの質は会社、個人によって大きく差があり、その質がそのまま利用客の満足度につながることは明らかでしょう。

「急発進、急ブレーキが多い」「歩行者がいてもお構いなしにギリギリで避ける」「頻繁な車線変更」など運転に関してお世辞にも優良なドライバーばかりではありません。また、運転態度意外にも「表情」「言葉遣い」「停車位置」など最低限サービス業として必要なスキルが身についていない乗務員も多く、これがタクシードライバーを快く思わない方が一定数存在する理由になっています。

シビアなことを言えば、上記のタクシー会社の選択において価格と乗務員の質が重要になりますが、逆を言えばその2点しか差別化する要因がなく、価格についてはおおよそ決められています。

つまり、サービス内容がタクシー会社の評価を決めると言っても差し支えありません。それほどサービスの質はタクシードライバーにとって重要なものなのです。

このような状況から、多くの会社が経費削減や従業員不足などの理由から研修を疎かにする中、625タクシーでは自社でプログラムを組み、手厚い研修を定期的に実施しています。625タクシーは、交通機関の一役を担う社会的責任と会社として信頼の維持、向上のためにひとりひとりにきめ細やかな研修を実施しているのです。

まとめ

625(ムジコ)タクシーが大阪エリア最高賃を誇ること、免許取得からしっかりサポートしていること、タクシードライバーに必要な研修を定期的に実施していることについて解説してきました。地元に密着して業界より高い水準で事業を展開している625(ムジコ)タクシーの魅力がわかりましたね。上記を参考にタクシードライバーに応募する際は625(ムジコ)タクシーを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

625(ムジコ)タクシーの基本情報

企業名株式会社エムティー(625【ムジコ】タクシー)
住所〒544-0022  大阪府大阪市生野区舎利寺2-15-23
電話番号06-6731-0818
迷った方にはこの会社がおすすめ

コスモキャブ大阪

コスモキャブ大阪

「しっかり稼ぎたい」と「ちゃんと休みたい」の両方を叶えたい方には『コスモキャブ大阪』がおすすめです。

2022年にできたばかりの新しい会社で、最も多い年代は20代、全員未経験からスタート。研修期間中は日本交通グループが運営する教育センターでタクシーのイロハを学んだり、デビュー後もマナー研修など様々な社内研修に参加できたりと、手厚いサポートがあるので未経験でも安心です。

また、乗務開始から最長6ヶ月まで保険として「保障給制度」を導入しており、月収28万円が保障されます。しっかり稼げてしっかり休める、そんなタクシードライバーを目指したい方にぴったりのタクシー会社です。

【大阪市】就職・転職に
おすすめのタクシー会社比較表

イメージ
タクシー会社名コスモキャブ大阪国際興業大阪小豆島タクシー東京・日本交通(日本交通グループ 関西)未来都
特徴歴史あるタクシー会社を母体に2022年にスタートし、未経験でも活躍できる仕組み新人相談会やフォローアップ研修などサポートがあり安定した売り上げを目指せる大阪市淀川区の3社体制からなる50年以上の実績の安心と信頼業界最大手のタクシードライバーで安心と安全を手に入れる月10万件を超える配車依頼で安定した収入が望める大阪最大手
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】タクシー未経験でもしっかり稼げる!「コスモキャブ大阪」の魅力を大公開